NO.13

GEORGIA <<< BOSS < FIRE

リメンバー・ミー


リメンバー・ミー
★★★★☆

エンドクレジットは最後まで見よう。

=====

「チョリソー詰まらせたwww」
・・・で、済ませたい人が3人くらい
ファミリーツリーにいるので←←←

家族の大切さがどうとか、
そういうのは、そっち方面が
得意な方にお任せしまして。
私は、別方面で思ったことを。

「リメンバー・ミー」を見る前に
久しぶりに「モアナと伝説の海」を
見てました。

このリメンバー・ミーも、モアナも
舞台となった国や地域の文化や
習慣、考え方に敬意をはらって
作られていていいなあ・・・って、
強く思いました。

というのも。
もし、日本を舞台にこの手の作品、
文化・習慣・考え方を取り入れた
作品を作るとして、

日本国民、全年齢で誇れて、
国外にも、わかりやすい感じの
文化や伝統、あったっけ?って。←

ここから私個人が思うことですが、

・着物や和装
→衣装が揃っても「着付け」って
ハードルがあるから、面倒。

・忍者や歴史もの
→大河ドラマとかたまに見るけど、
泥臭いし、色がないから、苦手。

・演歌とか
→好きじゃない。

逆にアニメ・漫画・ゲームとか、
最近のポップカルチャーは、
お年寄りの人達にも、
誇りに思ってもらえる?
ちょっと微妙よねー・・・

そんな感じで、挙げていくと、
日本の誇りってなんだろう?
そんな感じで。

この地域の、この文化!
こだわって映画化したい!!

地域の人が誇りというだけではなく、
国外の人達が思ってくれる文化、
伝統が今も存在していることが
とても羨ましい限りです。